ヘッダー画像

払えないからと言って慌てないで冷静な判断をする



払えないものが家賃や住宅ローンだったり、クレジットカードや携帯電話だったり、又は市税など国へのものもあります

相続税や住民税などの税金のこともありますし、それが国民年金や健康保険というパターンもあるでしょう。

それ以外にも事故などの損害賠償金もありますし、入院や病気や怪我などの医療費ということもあります。

日本だけでなく世界でも共通で生活の中では様々な種類があります。

こうしたお金というのはスムーズに継続をしていきたいものですが、収入が厳しくなってきますとなかなか入金が難しいものです。

払えないお金が多くなってきたとき、どのように連絡すれば良いのか困るものですが、これはそれぞれの対処方法があるので、しっかりと調べることが何よりも大切です。

まず、生活における学を大きく分けると国へ、企業へ、金融会社へのものがあります。

ショッピングローンが払えない時はどうする

国へのケースでは年金や市税などいくつかの種類があります。

こういったクレジットカードの残高やお金がある時はそれぞれの種類に応じて窓口へ問い合わせます。

例えば、年金なら免除制度がありますし、市税なら分割払いをしてもらえます。

こうした対処方法を利用するためには自分で申請をしなければなりません。

また、その申請においては種類によって条件など内容が異なってくるのです。

これを、しっかりと説明を受けて支払うことができない時に対処方法を聞いておくと良いです。

役所などで相談をすると丁寧に説明してくれるので、これは何よりも一度相談をすることが重要となります。

次にクレジットカードなどの企業への分ですが、払えない分がどうなるかは様々なケースがあります。

例えば、携帯電話というのは今では誰もが持っているものですが、ここで契約をすることによって月々にしっかりと決められた金額を支払うことが約束です。

そして、支払うことができなければ自分が契約している内容を利用することができなくなります。

また、これは免除されることはないのですから、どれだけ時間をかけても必ずすることになります。

大抵は、企業への払えない場合は遅れてもあとからしっかりとすれば、再び契約内容通りにサービスを受けることができます。

まず計画を建てて払えない状況を回避する

まず、これを分割でしていくことができるかどうかは企業の対応によって相談を受けても異なると言えます

生活の中では様々なカテゴリーがあります
企業に支払いをすることができない場合、契約解除をして未納金額を分割で返済していく、または何としても金額を調達してしっかりと済ませてしまう、この2つしか払えないの方法がありせん。 そして基本的に約束を守ることができていないので、いつ訴訟になってもおかしくはないことを理解しておかなければなりません。 また、契約解除というのは自分の意思でなくても、強制的に契約解除になることは十分にありえます。 資金調達をする場合ですが、これは金融会社に電話連絡で頼ることになります。

払えない状況をしっかりと受け止めましょう

もちろん、金額が小額なら友人や家族から借りることも可能だと言えますが、これを貸してくれる人は少ないということを覚えておかなければなりません。 住宅ローンや金融会社ですと、クレジットカードのキャッシングを電話で利用して払えない借金のための借金を作ることができます。 金融商品の選び方は使途を見ること、使途が自由になっているならどのような目的でも連絡すれば借りることができます。 こうして金融会社から資金調達してしまえば、企業に対してしっかりと払えないお金を清算することができるので、とりあえずは現状の問題を解決することができます。 そして、金融会社から借りたお金については今後の収入から分割でしていくと良いです。 次にクレジットカードに対して払えないお金を持っている場合はどうなるか、この場合はどのような金融商品から借入しているにしても、返済が遅れている状況では遅延損害金が発生することを相談から知っておかなければなりません。

遅延損害金や延滞料金が払えないと貯まる

当然ながら、罰則金なのでその利率はとても高くなっています

払えない時の遅延損害金について簡単に説明しますと、金融商品というのは融資を受ける際に金利がありますが、この金利がいつもよりも高い金利となります。 それは入金遅れたことに対する罰則金とされています。
これが遅延損害金であり、万が一遅れるといつもとは異なる金利が適用されるというわけです。 特に住宅ローンなどで大きなお金を借入している場合は元金が大きい上に金利も高い利率なので、とてもその後が厳しくなってきます。 クレジットカードや金融会社に対して最も気をつけることは、電話なしで遅れることであり、そうならない為にも返済方法をしっかりと考えて、分割やリボ払いなどで遅れない金額に相談して設定することが大切です。 払えない状況でも、額を小さくすることで遅れることを防げるケースは多いものです。

今月はお金がなくてピンチで払えない

こうして、稼げて収入に余裕が出るまでは小額で返済をしていき、余裕がでてくると額を再び大きくすると良いです。 また、小額をする中でも、クレジットカードの繰り上げや任意返済といった自らの意思でいつでもすることは可能なのです。 普通することが厳しい状況ではまず額を連絡して最小にすると良いです。 額を調整してもすることが難しい時は電話相談で債務整理をするしかありません。 最小でも不可能な状況というのはすでに収入が足りない状況なので、仕事を増やして収入をあげるか、債務整理から借金を管理することになります。

払えないで債務整理をしなくてはいけない状況

それぞれの債務整理の方法では特徴が大きく異なり、メリットやデメリットが変わってきます

一般的に考えても急に仕事を増やすことは難しいので、早く着手するのが最善だと言えます。 この意味というのは法律家に相談をすることが好ましく、任意整理や自己破産など4つの種類があります。
どの種類を利用して債務整理をするのかはそれぞれの借金の状況によって最適な種類は異なるので、法律家に自分の借金の状況をしっかりと説明して、最も適切な種類を選択してもらうことが大切です。 こういった行為をしますと、現在の借金をしっかりと清算することができるので、金融会社に対しても計画を立て直したり、自己破産の場合なら借金自体を消してしまうことができます。 しかしながらデメリットもあるので、今後の生活において分割できるクレジットカードを作ったり、キャッシングやローンなど様々な金融商品を利用することが難しい状況となります。 それでも、現状を打開するためにはとても効果的な方法なので、金融会社に払えない状況ならしっかりと法律家に相談をして借金を片付けすると良いです。 このようにそれぞれの支払いについての電話連絡をしっかりと覚えておきたいところです。

どうしても払えない時は家族に相談しましょう

巨額の住宅ローンというのは、数十年単位の長期的な設定にしている人がほとんどです。 借入をした当時にはそれほど無理をしていないつもりでも、毎月かなりの金額の支払いになります。 さらに長年の間には生活費を稼いでいる人が怪我や病気で仕事を休まざるを得なくなったり、失業したりすることもないわけではありません。 その結果、住宅ローンが払えない状況になり、電話相談の上で泣く泣く家を手放すというケースも実は意外と多いものです。 一般的には、こういった長期的なローンは無理のない範囲でプランを立てておき、余裕資金はきちんと貯めておいて一定の金額になったら繰上償還をするというのが理想的な返済方法といわれています。 しかし、ある程度年齢がいったときに組んだローンや高額の一軒家を建てた場合などは、余裕を見た計画を立てるという選択肢自体がありませんので、途中でクレジットカードでも払えない状況になる可能性が非常に高いです。 基本的に金利は低く設定されている融資ではありますが、毎月の負担額が大きいため、一ヶ月でも滞納すると、それを取り戻すのは簡単なことではありません。 一度こういった準備できない状況になると、そのまま借金が膨らんでいってしまうというのがほとんどです。 このような状況になったときには、まず、マンションを諦めて生活を立て直すか、住まいを何とかするかの相談してどちらかを決めなければなりません。

住宅ローンを払えない際のリスクと危険

また、クレジットカードで払えない際に電話連絡で大幅に減額できたときには、その金額を毎月の分割払いで返済していきます

住宅ローンしか借金が無い人の場合には、家を守るためにはとにかくローンを返済していくしか方法はありません。 もし借金が家や土地だけでなく、キャッシングやカードローン、クレジット払いの滞納なども多数あるという人の場合には、これらの借金を片付けすることもどうなるか考える必要があります。 借金の処理と相談は主に弁護士や司法書士といった法律の専門家が行っています。
そして、大きく分けて方法は三つあり、任意整理、自己破産、個人再生に分かれています。 任意整理というのは、利用者と業者とで任意に話し合いを持ち、現在の借金をコントロールするというものです。

正当な理由があれば払えない事を説明すれば支払いを伸ばせることも

金利が高い時期に借入をしている人の場合、利息を引き直し計算することで過払いが生じたり、借金が減額できるのでこの方法もおすすめです。 過払いがあるときにはそのお金を返してもらい、ローンに充てるようにします。 しかし、2010年以降の借入は利息制限法に従った金利になっていますので、引き直し計算をしても全く変化がないため、この手続きは意味がありません。 その場合には、払えない分割が可能なクレジットカードは停止しますが、自己破産で借金を免除を電話でしてもらうか、個人再生で借金の一部を返済するという方法になります。 自己破産の場合には、免責決定が出れば借金は全額なくなりますが、住まいや預金等の財産をほぼ全て失います。 そのため、家をなくしても生活再建をしたいという人でなければ利用できないでしょう。 一方、個人再生は住宅ローンは全額支払っていき、その他の借金を一部免除してもらうという法的手続きです。 家を守りたい人が利用する債務整理手続きですが、職場に勤務していたり自営業であるなどの安定した収入がある人しか申し立てができませんので、専門家とも良く相談してから行いましょう。 また、こういった手続きをとるときには、その場しのぎではなく、本当にそれで長期的に生活が安定するかということを検討してから行うほうが良いでしょう。 そのためには、毎月の収入と支出を照らし合わせて、収入を増やす努力をしたり、無駄を省くなどの家計の見直しをすることも重要になってきます。 払えない際に法的な手続きをとるときには家計表を出さなければなりませんので、この機会に家庭での生活の収支について改善できる点がないか考えてみましょう。

毎月の給料で払えない額の買物

いくつか対処法がある場合もあるのです

クレジットカードで分割でショッピングをして、そして返済日までに払えないという状況になれば、まずどうなるのが良いのでしょうか。 遅れてしまうと、まずクレジットカード会社から督促の電話がかかってきます。
そうなる前に相談をするというのも良い方法だと考えられます。 例えば、翌月一括でショッピングをして、そして翌月になっても最悪の状況になったときには、方式を変えることで解決することもあります。 例えば、リボ払いに変更をすれば、その月に支払う金額を小さくする事ができますから、結果そうなれば払える事ができるという人も多いでしょう。 金額は1桁くらいは違いますから、この方法は良い方法だと考えられます。 方式の変更については、オンラインで行う事ができるものもあります。

払えない状況が何カ月も続くと信用を無くします

ですから、支払う事が難しいと感じたときには、まず方式の変更を先に考えるのが良いでしょう。 ほかのケースであっても、まず払えないクレジットカード会社に分割を電話相談をするのが良いと考えられます。 大事なことは、こちらから先に連絡をすると言うことです。 督促されてから交渉をするのではなくて、できれば返済日が来る前にこちらから連絡をして交渉をするほうが良いでしょう。 もしも遅れるということを先に言っておけば、もちろんですが遅れた期間は新たにクレジットカードでショッピングすることはできなくなります。 これは仕方のない事なのですが、遅れた分をきちんとすれば、その後は再び使うことができるようになることも多いです。 もしも連絡せずに督促が来た場合には、完済したとしても再び使うことができない場合が多いと考えておきましょう。 ですから、実際に住宅ローンを払えないという状況になる前に、こちらから連絡をするのが良いと考えられます。 どうやってもできないというような場合であっても、相談をすれば返済できる方法を提案してくれることもあります。

借金地獄への最初の一歩はクレジットカードの払えないこと

交渉してみる価値はあると言えるでしょう

例えば月々の返済金額を小さくするというような対応を行ってくれることもあります。 相談や交渉をしてもどうにもならないくらいクレジットカードの借金の金額が大きくなってしまった場合にはどうすれば良いのかというと、これはもう払えないので債務整理をする以外には方法はありません。 債務整理というと自己破産しかないと考える人もいるようですが、他の方法もあります。
例えば、任意整理をすることによって、将来利息をカットしてくれるなどの方法で、しやすいような交渉を行う事もできます。 何も手を打たずにそのままにしていると、利息の金額は大きく積み重なってきます。 元々クレジットカードというのは金利が高めに設定されていますから、これによって分割の利息が大きくなり始めると負の連鎖を生むような状況も起こるのです。 ですから、もう入金する事ができない、払えないだろうと思ったときには、早めに債務整理の手続きを電話で行うのが良いのです。

仕事やバイトなど払えない理由だけでなく見直しましょう

弁護士や司法書士に依頼をすれば手続きを行ってくれますから、分割返済を相談してみるのが良いでしょう。 任意整理であれば、法的な効力を持ちませんから、法的な処理を行うことによるデメリットはありません。 しかし、クレジットカード会社側が電話連絡では応じてくれないときには、法的な力を借りることが必要となる場合も多いでしょう。 法的な方法としては、個人民事再生と自己破産とがあります。 個人民事再生は、住宅ローンを返済している途中の人が利用できる法的な処理で、住まいを失うことなく債務を処理することができます。 その代わりに、借金が全てなくなるわけではありません。 自己破産は、全ての借金がなくなる方法ですが、換金できる資産があればそれも全て失うことになります。 クレジットカードで払えない時は、どうなることもできない最終手段が自己破産だと考えておきましょう。