今は特に大きな病気をしていなくても

まず市役所にいってその旨を届け出ましょう

生活費が不足していて、健康保険が意思と反して払えないという状況になることもあるでしょう。
浪費しているなどの特段の事情がない限り、収入が激減したことによって健康保険料などが払えないというケースがほとんどですので、パターンによっては全額免除や減免の制度が受けられることがあります。 相談に行くときには、前もって同一世帯で収入を得ている全員の収入金額がわかるものを用意しておくと、話がスムーズに進むでしょう。 いつまでも支払いをせずに何も手続きをせずに放置している時には、病気や怪我などで病院にかかったときに必要な治療を全額負担で受けなければならなくなります。 簡単な風邪のような症状でも数万円という支出になることがあります。

病気で払えない時は事情をまず説明しましょう

やはり、できるだけ滞納しないようにしましょうが、これは特に小さい子供がいる状況には、すぐに病気にかかったり重症化する可能性が高いので、きちんと支払いをする必要があります。 そして滞納が原因で病院に架かることが出来ず、子供の症状が悪化するようなことにでもなれば、後悔してもしきれないでしょう。 なお、これからこの分だけでなく、他にも借金があることが原因で払えないというケースには、とりあえず支払ったとしてもまたすぐに生活が立ち行かなくなってしまう可能性が非常に高いですので、トータルの家計の収支を見直していく必要があります。

今後感染症などの病気の蔓延の可能性も

病気をしないで生活再建のための方法はいろいろあります

自分自身で出来ることとしては、副業を始めたり転職をしたり、専業主婦であった妻が働きに出るなどの収入を増やしていく方法の他に、支払い金額を抑えるための節約方法について学んでみるのもよいでしょう。 近年では、保険の見直しや格安で出来る料理のレシピなどもたくさん出回っていますので、これらを上手に利用することで家計費の負担を軽くすることが出来ます。 また、高額の借金がある場合には、弁護士や司法書士などの専門家に悩みを打ち明けて相談していきましょう。

家族にまずは現状の病気の相談をしましょう

周囲にばれないように内緒で債務整理をするのも一つの方法ですので、債務整理といっても方法はいろいろあり、これまでの借金の利息を引き直して過払い金が出ていればそれを直接請求したり、減額して返済するという方法もあれば、自己破産して借金の大半を免除してもらうという方法もあります。 また、個人再生手続きといって、新築の住宅ローンは満額払うことで勝手に家を売り払われることを優先的に防ぎましょう。 更にその他の払えない莫大な借金は大幅に減額してもらうという画期的な方法もありますから、これらの手続きを状況に応じて利用することで、支払いの大半を占めていた返済の負担が大幅に軽くなります。 病気や怪我をしなければひいては健康保険料なども無理なく払えるようになります。

怪我や病気に対しての安心感は重要です

病気だけでなく気をつけておきたいのが破産や個人再生などの手続きをとる前の滞納分です

法的な手続きで、借金や未払いの費用などの50%以上の免除や減額を受けられるのは、銀行や消費者金融、個人などから借り入れた借金や買掛金のみとなっています。 慰謝料や養育費、損害賠償金、罰金、所得税や国民年金、健康保険料などの一部の支払いの滞納に関しては、法的な手続きをとっても免除や減額にはなりません。
これまでどおり支払い義務は残っています。

市区町村の役所に病気の相談をしましょう

ただ、市役所等で無料で相談をすると、一括で払うことが無理な時には負担が軽い分割払いなどに応じてくれることがほとんどですので、この督促を無視して放置したりせずに相談にいくと良いでしょう。 場合によっては、滞納などをきっかけにして、弁護士や司法書士などを親切心から紹介されるというケースもありますし、生活を楽にするためのいろいろなアドバイスを受けることもできます。 状況を説明すると、病気で全額滞納分を払えないでもとりあえず更新は行ってくれることなどもありますので、きちんと話をしてみましょう。

 クレジットカード払えない 分割相談


 携帯代は振込しないとスマホが止められるのはいつ?

 家賃の滞納を払えない

 税金が払えない

 将来が不確定

 病気や怪我が心配