基本的には携帯代は引き落としが良いでしょう

携帯代の料金には、いろいろなものが含まれています

通話以外に代表的なものはコンテンツの利用代金です。 たとえば、iPhoneからアクセス出来る有料サイトなどを利用する際、その方法として電話料金に含むという形で行ううと、それが一緒に請求されるわけです。 そういったことを考えずに利用していると、携帯代が予想以上に高額になってしまい、払えないということになる場合があります。 ただ、通常、期日が来てもすぐに未納で通話が出来なくなるというわけではなく、ある程度、猶予があります。 なので、その猶予期間の間にを入金することが出来れば、スマホが使えなくなるということはありません。

携帯代が払えないで止まっていると周囲も不便

しかし、猶予期間を過ぎても払えないとiPhoneの基本使用が一方的に出来なくなってしまいます。 使用が出来ないというのは具体的にどういうことかというと、発信は当然不可であります。 ここでは着信の対応についても、相手が電話をかけると「お客様の都合により通話が出来ない」といったアナウンスが流れてつながらなくなります。 勿論、インターネットの接続も出来ませんし、メールの送受信も出来なくなります。 また、ここではスマホが払えない段階まで来ると電話会社から携帯代の督促状が送られてきます。

現代社会では携帯代は生活費と一緒

それまでに確実に入金してほしいという内容です

たとえば、このまま携帯代を支払わないといつまでに契約を解除することになるのです。 督促状ははがき形式であれば、セブンイレブンなどのコンビニなどで使える振込用紙と一体になっています。 これは封書で自宅に届く場合は、契約解除の日時を知らせる文書と共に、やはり振込用紙が入っています。 なので、契約が解除される日までに、同封されている振込用紙で支払えば、契約解除を回避することが出来て、これで自分の電話が使えるようになります。

携帯代が払えないと通話ができず仕事もできません

予告された契約解除の日までに料金を払えないと、契約が自動で解除になります。 ここで慌てて行っても、今まで使っていた電話番号でスマホを使うことは、ここでは出来ませんので、電話に差し込んでいるSIMが無効になってしまうからです。 そして、スマホに1ヵ月のコンテンツ利用代金などが含まれている場合は、そのコンテンツを売った会社から新たに督促状が届くことがあります。 コンテンツ利用代金の督促状は、iPhoneの契約が解除されてすぐに届くというわけではなく、何年も経って、債権回収代行会社から届くことがあります。 払えない場合、元々の携帯代の利用代金に利息や遅延損害金などが余計に上乗せされていることがあります。

携帯代がなく止められると信用を落とす

答えとしては「ある」ということになります

では、上記のようにずっと携帯代を支払わないことで困ることは、契約を解除される以外にあるのでしょうか。 それは、信用情報機関に遅延の記録が即座に登録されてしまうということです。 たとえば、iPhoneの使用済みの料金を毎月支払っていないということで、クレジットカードの発行が見送られてしまうということがあります。

スマホのパケット通信料が払えないとどうなる

カードの審査では、なぜ審査で落としたのかということをカード会社が都度通知する義務はないので、そうなるとカードとはまったく関係のない、スマホ話料金の未納ということが思い浮かばず、原因がわからないまま、ずっとカードが作れないということがあり得ます。 また、他社のを無理矢理使おうとしても、やはり、膨大なデータベースにある払えない記録によって、契約が見送られるということがあります。 振込すればデータベースが更新されるので契約を出来るようになる可能性はありますが、これは契約会社によっては制限を設けてくる可能性があります。 たとえば、携帯代の利用代金とは別に保証金を一定額払ってほしいといったことです。 スマホは、家賃で言えば敷金にあたるもので、もし、またここで未納になったらその保証金から利用代金を差し引くということになります。

 クレジットカード払えない 分割相談


 携帯代は振込しないとスマホが止められるのはいつ?

 家賃の滞納を払えない

 税金が払えない

 将来が不確定

 病気や怪我が心配