将来に対して今から準備する必要性

国民年金というのはが国民の義務とされているので、これは将来は関係なく必ずする必要があります

老後の生活においてもらえるかどうかは別として、必ずしなければならないものだと認識しておかなければなりません。 人によって収入は異なるものであり、収入が厳しい状況だと国民年金はそれなりに大きな負担となってきます。 払えない場合、未納という形で未来永劫に記録に残ってしまいます。

将来払えなくならない様に今から準備

未納になっても、これが後々に収入に余裕があれば過去に遡ってすることができるという仕組みなのです。 どの時期まで遡ることができるのか、ここにはいくつかの制限があります。 基本的に未納が2年間続くと時効になってすることができなくなりますが、しかし、後納制度というのがあります。 これによって過去10年までなら遡って支払いをすることができるという制度があるのです。 それによってもし過去に払えない状況があったという人は活用すると良いです。 さて、将来この国民年金を過去に遡る、又はこれからにおいても払えない場合はどうすればいいのか、これは免除制度を活用すると良いです。

中には将来貰えないから必要ないという意見も

この制度というのはそれぞれの年収に応じて免除してもらえる制度です

どのくらいしてもらえるのか、それは全額、4分の3、半額、4分の1の4つのケースがあります。 将来どれに該当されるのかはそれぞれの月間収入によって異なります。 これは言わば、本当にお金が無くて払えないという事を証明することになるので、確定申告やゼロ申告などを行い、年収がないということや少ないという事を証明した上で審査を受けることになります。 なので、しっかりと年収がある人は自然と確定申告で計算して所得を申請することになるため、全額免除しようと申請しても審査で嘘がばれてしまう仕組みになっています。

将来払えなくなる可能性は誰でもあります

この救済制度は自分で申請をしなければなりませんが、ここで申請をする時に上記の4つにおいてどの免除で申請をするのか悩むことがあると思います。 そして、その場合は、何も指定せずに申請をすると、将来は関係なく自動的に優先される金額を上位から判断してもらうことができます。

危うい将来でも義務であることには変わらない

今後の不測の生活において国民年金を支払うことが難しいという人は、このように将来も考えて制度を活用していくと良いです

一般的に国民年金というのは退職した老後に受け取るために途切れなく続けるものですが、老後に還付が無くてもいいので若い時に支払いたくないという人はいるものです。 そのような人でも、請求がやってきた時に拒否して放置するのではなく、上記の公的な制度を活用するなど、しっかりとルール内でしなくて良い方法を選択する必要があります。 何故かと言いますと、貯金がなく払えないからといって無視して放置しますと、後々に郵便で返済の督促状がやってきます。 これは借金をした時にやってくるものであり、ずっと滞納されているのです。

今から将来に向けて払えないことがないように準備する

その金額に応じた資産を差し抑えるという勧告ですので、結果はそうなっても払えない場合に長期間放置することで大切な財産を国に取られてしまうことになります。 いつ督促状がやってくるのか、これは基本的に未納が続き滞納している状況ならいつでも督促状がやってくる可能性があるわけであり、敢えて放置した時点で覚悟しなければなりません。 督促状がやってきた後についてはいつでも資産を差し抑えられても文句は言えないので、まずは督促状がやってこないように合法な免除制度を活用する、又は支払えるときはしっかりとすることが大切です。 もし、督促状がやってきた場合はすぐにでも連絡先に連絡をして、今だけでなく将来も踏まえて現状を説明すること、そして今後においてどのような対応をすればよいのか説明を受けることが必須だと言えます。 あまりにも無関心になり過ぎるとこうしたケースがあります。

 クレジットカード払えない 分割相談


 携帯代は振込しないとスマホが止められるのはいつ?

 家賃の滞納を払えない

 税金が払えない

 将来が不確定

 病気や怪我が心配