家賃は最優先で入金するようにしましょう

賃貸の物件に住んでいるけど、家賃がどうしても捻出できない、そんなシチュエーションであなたはどうしますか

もちろん滞納して払えないのには、色々な理由があると思われます。 たとえば収入が減ったとか失業した、どんな理由でも体調が悪くて仕事ができなくなったなどです。 このような相談のケースには、すぐ解決策の方法を取るようにしましょう。

どう頑張っても家賃が払えない時には?

一番よくないのは、そのまま払えないでずっと黙っておくことです。 払うべきものを払わずにおくと、まず管理会社などから督促の電話がかかりますが、結局それでも入金がないと、今度は家賃の督促状が来ます。 なおも入金が確認されない状況には、管理会社の人が家を訪問します。 また、保証会社と契約していない時には、保証人に連絡が行きます。 それでも何も進展がない場合は、強制執行により強制退去を命じられ、住む所がなくなってしまうとの口コミです。 仮にそのような払えない事態にならないように、まず自分から相談して打つべき手をきちんと打つようにしましょう。

大家さんと住民の家賃でのトラブル

まず、大家さんや保証会社に理由を話して、滞納の相談に乗ってもらうことです

その時に、支払日を遅らせてもらえるか、あるいは分割払いにできるかどうかを話してみましょう。 しかし、大家さんにとっては、毎月の家賃は大事な収入源であり、払えないとあなたを退去させて、しばらく空室ができる状態というのは結構不安なものです。 それよりは、たとえ少額ずつでも家賃を払って住んでもらった方が、ずっとありがたいのです。

大家さんに家賃を払えない理由を説明しましょう

また、この日ならば確実に払えるというようなパターンには、その日にちをきちんと伝えて、当日に払い込むようにしましょう。 どうしてもお金がない場合には、多少の余裕のある信頼できる家族から内緒で借りるという方法も口コミにはあります。 これは一番確実な方法ではありますが、やはり成人した社会人としては言い出しにくいことです。 自分の希望する額が借りられるか不安なことに加え、突然に失業した際には、そのことを正直に言わなければならないというのも苦痛に感じる人もいるでしょう。 失業しているのであれば、単発のアルバイトや短期の小さな派遣に頑張って行くという別の方法もあります。 やはり、稼げる仕事が無くてお金を払えない時は、自分で適切な続けれる仕事を見つけてお金を作るのがベストです。

困ったら家賃の相談を大家にしてみましょう

キャッシングやカードローンなどを新規でネットから申し込むという方法もあります

今は消費者金融も顧客優先で金利は昭和の時代より低く設定されていますので、払えないときに以前よりも業者から借りやすくなっています。 ただし、キャッシングやカードローンは、原則的に安定した企業からの収入がないと借入は難しく、特に、大手の業者はその傾向があります。 ですから、短期アルバイトをまず探して、そのうえで申し込むか、あるいは、審査基準の緩い中小規模の業者に相談の上で借り入れるという口コミもあります。
ただし、中小の業者の場合は、総じて初回の融資額は少なめです。

家賃を払えない時の対応策とは

また、失業や会社の倒産などで、今後しばらく今の家賃を払えない時には、敷金礼金不要の家賃の安いところへ一時的に引っ越すか、実家が近い時には、実家にしばらく住まわせてもらうのもいいでしょう。 前者は、たとえば月々8万のところを、5、6万にまで努力して下げれば何とかなるようなケースです。 ただしその分、やや職場から遠くなったり、駅から遠くなったりというハンディもありますので、ここでは間取りを我慢して駅に近い所に住むか、あるいは、広くても駅から多少遠い部屋を借りる際は、自転車で駅まで行くなどの妥協策も必要になって来ます。 また後者の、実家にしばらく住まわせてもらうパターンは、引っ越し代さえ出すことができれば何とかなります。 部屋を一つ空けてもらって、当分は家財道具をそこに置くなり、食器や台所道具は実家で使ってもらうなりして、まとまったお金ができるまでは甘えて仮住まいをさせてもらいましょう。 このように、もし家賃が払えない状態でも、滞納の対策はいくらでもあります。 このまま強制退去を待つのでなしに、まず大家さんに連絡するなり、仕事を見つけるなりして、ここで前向きに相談して行動するようにしてください。


 クレジットカード払えない 分割相談

 携帯代は振込しないとスマホが止められるのはいつ?

 家賃の滞納を払えない

 税金が払えない

 将来が不確定

 病気や怪我が心配