意味も解らず税金ばっかり取られている印象

うっかり入金を忘れてしまうということがあります

会社には属さずに、自宅などで作業をして報酬を得ているというフリーランスの人が注意しなければならないことに、住民税の引き落としがあります。 フリーランスの場合、給料から税金が引かれるということがないので、自分で払い込む必要があります。 また、忘れていただけで、払うお金はあるという状態はいいですが、お金がなくて払えないということにもなりやすいです。 なぜ、このお金がなくなってしまうのかというと、フリーランスのケースでは、収入が一定していないからです。

後回しに税金をしてしまうのは危険

たとえば、去年に1000万円を自力で稼いだとしますが、すると翌年に、その1000万円を元に算出された住民税を納付書で払うという効果になります。 しかし、翌年は収入が激減して、月平均で10万円、年収に換算すると120万円程度しか稼げていないという可能性です。 年収1000万円を元に算出された分を年収120万円の人が払うということになるので、お金がまったく足りないということになってしまうのです。 そして、こういうことにならないために、フリーランスの人は確定申告後に還付金があったら、それを一円も使うことなく、税金の分として取っておくべきなのですが、何かしらの理由から収入が減ってしまうと、ついつい、還付金を生活費などに使ってしまうということがあります。

今後も税金がアップする可能性はかなり高い

税金の入金方法というのはいくつかあります

では、請求された住民税を納めないと、どんなデメリットの効果が発生するのでしょうか。 市町村によっても違いますが、これから納付のための書類が送られてきて、一括で払うか、分割で払うかを納税者が自分で決めて、それに合った納付用紙を使って払い込むというのが一般的な方法ですが、勿論、銀行口座からの引き落としも選べます。 なので、税金を払えないという困ったケースには、分割で何回か払ったけど、その後、払えなくなったというものと、一回も払っていないというものがあるわけです。 しかし、どちらのケースであっても未納には変わりないのです。

税金の請求が一気に来たらどうやって対応する?

これは役所の担当者の対応にそれほど差があるというわけではありませんが、まず、未納からしばらくすると、督促状が否が応でも自宅に送られてきます。 クレジットカードの料金や携帯電話の料金と違って、ルール通りに払わないといつも利用しているものが使えなくなるということはないです。 それでも仮にもし、払えるのであれば、この段階で素直に払ってしまうのが一番いいです。 しかし、特に払わずに困っていることはないと、督促状を故意に無視すると、今度は徴収専門の人が訪ねてきます。

不満があっても確実に取り立てられる税金

出来れば交渉した方がいいでしょう

この段階まで来ていると、税金に上乗せの利息がかかってきているので、払えないほど金額がかなり多くなっています。 たとえば、利息を含めた全額の納付はお金がないので出来ないけど、利息なしであればなんとか払えそうだと言えば、応じてくれる可能性があります。 大切な効果は、払うつもりはあるということを示すことです。 もし、そういった気持ちを示すことなく無視していると、差し押さえをしてきます。

税金が払えないと最終的にどうなる?

差し押さえにはいろいろありますが、物を差し押さえられる状態は、家に人がやってきていますので、そこでお金になりそうなものを使えなくされてしまいます。 そして、官公庁のインターネットオークションなどに無作為に出品されてしまうのです。 消費者金融や携帯電話会社のような企業であれば、差し押さえの前に減額交渉などが可能ですが、こういったシチュエーション、利息のカットには応じてくれる可能性はあります。 結局はそのものの減額というのはないので、この分に届くまで、差し押さえをしてきます。 もし、オークションなどで売れた金額が未納の税金よりも多かった場合は、その分を即日に返金してくれますが、これは勿論、差し押さえられた物品が返ってくるということはありません。

 クレジットカード払えない 分割相談


 携帯代は振込しないとスマホが止められるのはいつ?

 家賃の滞納を払えない

 税金が払えない

 将来が不確定

 病気や怪我が心配